【解説】動画配信サービスの画質とは?4K・フルHD・HD・SDの意味は?

動画配信サービスの画質について

動画配信サービスに限らず、画質を表す言葉に「SD,HD,フルHD」や「480p,720p,1080p」が使われることがありますが、これらは一体何を意味し「画質」とどのような関係があるのでしょうか。

この記事では「SD,HD,フルHD」や「480p,720p,1080p」などの画質についての単語の意味や、解像度についての解説、
動画配信サービスの画質についての判断などをわかりやすく簡潔にまとめて解説していきます。

フルHD画質などの言葉は画像の「解像度」を意味している

1280×720などの数値で表す場合もあれば、720pやHDなどと表す場合もあります。

表現の違いはありますが、これらは画像の「解像度」を意味しており、次のような関係となっています。数値が高いほどきれいに描写できます。

解像度 目安
SD(480p) 縦720×横480 DVDレベル
HD(720p) 縦1280×横720 ハイビジョンレベル
フルHD(1080p) 縦1920×横1080 ブルーレイレベル
4K(2160p) 縦3840×横2160 超高画質(ブルーレイの2倍)

そもそも解像度とは?

「解像度」とは、画像の縦と横の画素数(ピクセル数)のことです。
画素(ピクセル)とは、色情報の最小単位で「ドット」ともいわれます。

解像度が高ければ、多くの画素で描写するため、細かな部分まできれいに表示することができます。

「縦720×横480=約35万画素」で描写した絵画と、「縦1920×横1080=約200万画素」で描写した絵画では、後者の約200万画素のほうがより多くの色情報で描写できるため断然きれいに見えます。

「p」とは?

480pや720pなど、数字の後ろにある「p」とはなんでしょうか?

これは映像方式のひとつで「プログレッシブ方式」の略称です。他に「インターレース方式」というのがありますが、プログレッシブ方式は液晶テレビなどで使われている方式です。

この「p」はあまり気にする必要はありません。

動画配信サービスの画質の良し悪しは「解像度」で判断できる


本来、画質の良し悪しは「解像度」だけでは決まらず、ビットレートやフレームレート、コーデックなどの影響も受けます。(この3つについてはページ後半で説明しています。)

ビットレートやフレームレート、コーデックを非公開としている会社が多いですが、各社が解像度に合わせ適切な値に調整しているため、われわれ利用者は「解像度」で画質の良し悪しを判断しても問題ないといえます。

仮に同じ解像度なのに会社によって画質に開きがあると、利用者からクレームが上がり最悪解約される可能性が出てきます。

企業とは顧客満足を目指し日々努力をしていますので、同じ解像度であればどの会社のサービスでも同じような画質になるはずです。

主要動画配信サービスの画質比較一覧

SD HD フルHD 4K
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
Hulu ×
NETFLIX
dTV ×

注意点

注意点1.動画を視聴するデバイスの解像度に注意

例えば、スマホでフルHDの動画をみたいと思っても、あなたがお使いのスマホがHDの解像度までしか対応していなければ、動画をフルHDでみることはできませんので注意が必要です。

フルHDの画素数(縦1920×横1080=約200万画素)をHD(縦1280×横720=約92万画素)では表示することができないためです。

注意点2.「解像度」が高ければ、ファイルサイズが大きくなる

解像度が高くなれば、画素数が大きくなりデータ量(色情報)が増えるため、ファイルサイズが大きくなります。

データ量が増えファイルサイズが大きくなると、スマホなどの毎月の通信量が増えるため注意が必要です。またスマホに動画をダウンロードする場合、スマホの容量にも注意が必要です。

参考

フレームレート

フレームレートは1秒間のコマ数を表し、動画の「なめらかさ」に影響します。
単位はfps(フレーム/秒)です。1秒間のコマ数が多ければ「なめらか」にみえます。
フレームレートが上がると、ファイルサイズも大きくなります。

ビットレート

ビットレートは、1秒間のデータ量を表します。
ビットレートが高ければ映像の情報量が増えるので、より鮮明な映像となります。

コーデック

コーデックは、データを圧縮する処理を意味します。
動画は解像度が高くなるほどデータ量が増えファイルが大きくなるため、
コーデックを使いデータを圧縮することでデータ量やファイルサイズを小さくできます。

まとめ

最後に今一度ポイントを整理しておきます。

  • 「SD,HD,フルHD」や「480p,720p,1080p」は解像度のことです。
  • 動画配信サービスの画質は、解像度で判断できる。
  • 動画を視聴するときはスマホなどのデバイスの解像度にも注意が必要

動画配信サービスの画質について単語などの意味や画質の良し悪しの判断について解説してきました。
動画配信サービスを選ぶ際のお役に立てると幸いです。

関連記事

  1. 動画配信サービス(VOD)の種類について解説 PPVやSVODとは?

  2. 【必見】家で2人で暇な時にすること!カップル・夫婦におすすめ

PAGE TOP