領民から慕われるでくのぼう!映画「のぼうの城」の名言と感想

「のぼうの城」について

「陰陽師」で有名となった「狂言師・野村萬斎」の9年ぶりとなる主演映画「のぼうの城」。
原作は、和田竜のデビュー作で城戸賞を受賞した脚本「忍ぶの城」を映画化を前提に小説化した「のぼうの城」です。

 

これといった実績もなく凡人の武将だったとされる成田長親(なりた ながちか)。

秀吉のナンバー2であった石田三成率いる2万の兵が、わずか5百の兵と3千の領民で守る忍城へ攻めてきた「忍城の戦い」。
当時この忍城を任されていたのが、成田長親(なりた ながちか)。
これといった実績もなく凡人の武将だったとされる成田長親ですが、忍城にて石田軍を迎え撃ちます。

この記事は、映画「のぼうの城」のあらすじや登場人物・キャスト、映画を視聴した感想などを紹介していきます。

映画「のぼうの城」登場人物とキャスト

成田長親(のぼう様)…野村萬斎
偉ぶらずに農作業も好きな武士ならぬ武士。
身分の低い者たちからも「のぼう様」と呼ばれている。しかし、本人は気にしておらず人々からは好かれている。

坂巻靱負…成宮寛貴
自称「毘沙門天の化身」。正木丹波守に「いつでも襲ってよい」と言われており、たびたび襲いかかる。智将。

柴田和泉守…山口智充
正義感溢れる成田家家老。領民のことを思って動く。

石田三成…上地雄輔
豊臣秀吉のナンバー2。
「後方支援専門」と豊臣家の他家臣たちからは蔑まれているが、秀吉からは「佐吉」と呼ばれ、
忍城計略軍の総大将に任命されている。秀吉が備前・高松城で行った「水攻め」に強い憧れを抱いている。

正木丹波守…佐藤浩市
長親と幼馴染。真面目で長親に苦労させられている様子。常識人。

映画「のぼうの城」のあらすじ

でくのぼうの意味で「のぼう様」と呼ばれつつも領民から慕われる成田長親。
の前に、天下統一を目論む石田三成が率いる豊臣秀吉軍2万が現れた。

長親は、三成からの水攻めや万を超える兵たちの進軍にわずか500の兵と3千の領民で奇策を使って対抗する。

果たして、国は守れるのか…?

映画「のぼうの城」の考察・感想

武将「成田長親(なりた ながちか)」。
恥ずかしながら…この映画ではじめて成田長親を知りました。
この人物についての前提知識がなかったためが、新鮮な気分で歴史映画を楽しむことができました。

この映画では、長親は「のぼう様」と呼ばれ、領民から親しまれる人物として描かれています。
戦(いくさ)よりも田植えが好きという温厚な人物で、領民からは愛されていました。

映画中にも長親が領民から愛されていると思わせるシーンがあります。
「戦しないって言っただろ!誰がするって言ったんだ?」と領民が長親の幼馴染である正木丹波守に詰め寄ります。
苦虫を潰したように正木丹波守が「長親だ」と言うと、
領民は納得したように笑顔となり
「仕方ねぇな~」「俺たちが助けなければな~」
と和やかなムードに一転しました。

また、「のぼうの城」には見どころがたくさんあります。

・映画「超高速参勤交代」を彷彿とさせる奇策の数々。
・怯える兵たちとは対照的に、ボロボロの防具を身につけながら生き生きと描かれている領民たち。
・狂言師野村萬斎が演じる長親が小舟に乗って踊るシーン

などなど。長親が小舟に乗って踊るシーンはぜひ一度見ていただきたいですね。

のぼう様とは…?

「のぼう様」とは、いわゆる「でくのぼう」のことです。

「でくのぼう(木偶の坊)」とは、「役に立たない人」「気の利かない人」のことを言うようですね。
本来は完全に悪い意味で使われる言葉ですね。

長親はよく村人の田植えを手伝っていたそうなのですが、なんと長親が植えた後は村人が数日かけて植え直さなければならなかったというエピソードがあり、領民から「のぼう様」と言われるゆえんではないかと思います。
こんな不器用でも領民のために田植えを手伝ってくれる長親を慕い、親しみを込めて「のぼう様」と呼ばれているわけですが。

狂言師としての野村萬斎も観れる!?

2001年2003年頃には、野村萬斎さんの代表作「陰陽師」が放送されていました。
この「のぼうの城」では、狂言師である野村萬斎さんが映画出演としては「9年ぶり」の作品になっています。

この映画を皮切りにその後は、さまざまな映画やドラマに出演していました。

最近だと2019年「七つの会議」として出演していますね。
2019年8月30日からは映画「引っ越し大名!」が公開されます!野村萬斎さん好きは必見ですね!!

あの成宮寛貴は今…?

「のぼうの城」には、成宮寛貴さんも出演されています。
成宮さんと言えば、2016年12月に突然「芸能界引退」宣言をして芸能界から姿を消してしまいましたね。

2012年から出演していた「相棒」も「相棒13」の最終回では、謎の「ダークナイト」という悪役で、どうも違和感ある終わり方でしたね。もしかしたらこの時すでに芸能界引退を視野に入れていたのかな?と思ってしまいました。
この相棒の後、すぐにあの騒動がありましたからね。

数年前には復活!?が話題になりましたが、現在は、本名の「成宮博重」でインスタグラムをしているというのです。
画家や社長になっているなど、さまざまな噂や憶測が立てられましたが、インスタグラマーとして活躍し海外で暮らしているようです。

まとめ

映画「のぼうの城」のあらすじや感想などを紹介してきました。

「のぼうの城」は、2012年に公開されていますが、2012年公開の歴史もの映画は他にも「るろうに剣心」「大奥~永遠右衛門佐・綱吉篇~」などがありますね。

どれも面白い映画ですので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

映画「のぼうの城」だけでよいなら、「Amazonプライムビデオ」だとお安く動画視聴することができます。

『のぼうの城』の視聴はこちらから

「るろうに剣心」も「大奥」も「のぼうの城」もすべて観たいなら「U-NEXT」がおすすめです。

U-NEXTの登録はこちらから
 

関連記事

  1. 『溺れるナイフ』映画版の考察と感想、あらすじをわかりやすく紹介

  2. 映画

    映画「硫黄島からの手紙」の解説 あらすじとネタバレ

  3. 映画「22年目の告白~私が殺人犯です~」の気になる考察

  4. 映画「インシテミル7日間のデス・ゲーム」ネタバレ 問題動画の集大成!

  5. 映画「ツレがうつになりまして。」の感想と気になる名言を5選を紹介!

  6. 映画「252生存者あり」を配信している動画配信サービスはここだ!

PAGE TOP